少年保護手続

node
少年保護手続とは、日本における刑事司法制度の一つであり、家庭裁判所が少年法第2章の規定に従って非行少年の性格の矯正及び環境の調整に関する措置(同法1条参照)を行う手続をいう。非行少年の再非行の抑止や更生を目的としており、決定までの過程として、「非行事実を家庭裁判所に送致・通告 – 家庭裁判所調査官(以下「調査官」と略称する)等による調査 – 調査結果をふまえた審判 – 必要に応じて保護的措置あるいは保護処分を決定」という流れを経るのが通例である。少年保護手続は、非行少年に対して、刑法及び刑事訴訟法が定める通常の刑事司法手続に代えて適用される手続である。少年保護手続は、福祉的機能と司法的機能とを併せ持つ。

関連動画

関連Web