ナリタブライアン

node
ナリタブライアン(Narita Brian、1991年5月3日 – 1998年9月27日)は日本の競走馬・種牡馬。中央競馬史上5頭目のクラシック三冠馬。愛称・呼称は「ブライアン」「シャドーロールの怪物」。1993年8月にデビュー。同年11月から1995年3月にかけてクラシック三冠を含むGI5連勝、10連続連対を達成し、1993年JRA賞最優秀3歳牡馬、1994年JRA賞年度代表馬及び最優秀4歳牡馬に選出された。1995年春に故障(股関節炎)を発症した後はその後遺症から低迷し、6戦して重賞を1勝するにとどまった(GI は5戦して未勝利)が、第44回阪神大賞典におけるマヤノトップガンとのマッチレースや短距離戦である第26回高松宮杯への出走によってファンの話題を集めた。

関連動画

楽天ブックスからのオススメ

関連Web